黒霧島



 
 2002年秋。

 ナインティナインの矢部さんがテレビ番組の企画で黒霧島を大絶賛!

 そこから 黒霧島の快進撃 が始まりました。

 蔵元である霧島酒造を焼酎メーカー売上高トップに押し上げた黒霧島は、今では 芋焼酎の顔! と言っても過言ではありません。

 今回は、そんな”超”が付くほど有名な黒霧島のご紹介です。
 

黒霧島はこんな人におススメ!

  • 芋焼酎は飲んだことがない
  • ずいぶんと前に他の芋焼酎を飲んで”苦手だ”と思って以来、芋焼酎は敬遠している
  • クセの強いお酒は苦手

 
  お酒が好き! でも、芋焼酎は苦手… という方は多いと思います。

 米・麦・そばなど、数ある焼酎の中でも香りに特徴がある芋焼酎は敬遠されがち。

 ですが、そんな芋焼酎の中でも、黒霧島は断然 ”飲みやすい” 部類に入るのではないでしょうか。

 黒霧島の飲みやすさは実際に飲んだ方々のコメントにも表れています。
 

みんなの口コミ

  • 芋焼酎なのにクセがなく飲みやすい
  • 飽きの来ない味で毎日飲める
  • 黒霧島を飲んでからというもの、他の焼酎が飲めなくなった
  • コストパフォーマンスが最高
  • 安酒は悪酔いするというが、黒霧島は別格
  • どんな料理と合わせても邪魔をしない

 

 
 芋焼酎独特のあの香りが好きな方には、黒霧島は少し物足りないかもしれません。

 でも、クセのあるお酒って毎日は飲めないですよね? しかも、そういうお酒に限ってお高い!

 その点、黒霧島はクセがなく、毎日でも飲める美味しさ。なにより リーズナブル(ここ大事) 

 香りの強い芋焼酎は特別な時に取っておき、普段は黒霧島を飲む。

 芋焼酎好きな方ほど、そういう飲み方をされている方が多いように感じます。
  
 他にも、 お酒は好きだけど、芋焼酎は飲んだことがない という方の取っ掛かりとしても黒霧島はおススメ。

  「芋焼酎ってこんなに美味しいんだ」 

 まだ芋焼酎の面白さを知らない方は、是非とも黒霧島を試してみてください。きっとハマります。
 

おススメの飲み方

 

 

他におススメの焼酎はこちら

 

 

黒霧島の基本情報

 

大正5年、霧島酒造創業者・江夏吉助によって初蔵出しされた焼酎は「黒麹」仕込み。
霧島酒造の歴史は、黒麹の焼酎で幕を開けたのです。創業当時の黒麹仕込みの味わいを最新鋭の設備と当社独自の仕込みで再現した「黒霧島」。黒麹の醸すうまさはトロリとしたあまみ、キリッとした後切れにあります。霧島酒造の90余年の永きに渡る伝統と卓越した技術からこの美味しさはつくられているのです。

霧島酒造公式サイトより抜粋

 

【蔵元】霧島酒造

【原料】コガネセンガン、米麹、黒麹

【度数】20度/25度

【蒸留方法】単式蒸留

 



黒霧島の蔵元情報


蔵元
住所〒885-8588
宮崎県都城市下川東4丁目28号1番
電話番号0986-22-8066
WEBサイトhttp://www.kirishima.co.jp/
地図
おススメ度


黒霧島を通販で購入する


レビューを投稿する

Your email address will not be published.


*